もふ の 美食遊 ♡

美しく 美味しく 楽しく そんな風に私は生きたい

続・フレンチ×日本酒×温泉 の旅

さあさあさあさあ!!


いよいよいよいよ、デナーですよーーーー



年甲斐もなく、かわいい色浴衣を着て
帯リボン(ってうのか?)まで付けて


いざダイニングへ。


すでに私たち以外の宿泊客が集まっている。

ちょっとコロナ警戒。

密です、密です。


なんて


ちょっと、現実へ引き戻される

悲しい性格の私。



てか、色浴衣着てるの私だけ??


若い(私よりは)人も着てないのね?


私だけ張り切ってこんなの着てて
ちょっと恥ずかしいんですけど。


いや、みんな色浴衣は着てるけど
帯はお部屋の浴衣の帯をしてるのか。。。


おばちゃん達四人組は
普通にお部屋の浴衣着てるな(笑)


なんか若いカップルが
こっち見てひそひそ言ってる(気がする)


私の浴衣姿を笑っているのか?!(自意識過剰)



ま、そんなどうでもいいことは忘れよう。



そう、ここは夢の国。



にこにこ若女将に窓際の席へ案内される。



外はまだ明るい。


今日は夏至だって言ってたっけね。



壁にはずらーとお酒の瓶が飾られている


f:id:siro-mf:20200627113016j:plain


この景色だけでも至福だわね~。




そしていよいよ


憧れの、切望の、待望の、


フレンチと日本酒のペアリング開始~♪



各お料理に合わせて
酒匠の若旦那が厳選した日本酒が出てきます。



こんなこと考えるなんて

思考がパラダイスやな


なんて素晴らしいんだろう。。。



ニヤニヤして待っていると
(完全にあやしい人)


まずは乾杯酒

f:id:siro-mf:20200627113152j:plain

お宿オリジナルの日本酒に
ハイビスカスと地元のお茶をブレンド

シュワッとカクテルのようなお酒


わぁ~。こんな日本酒初めて飲みました~


ここ最近ずっと時間があったので
お酒でいろいろ遊んでました。ふふっ。


と、ほほ笑む若旦那は
なかなかのイケメン(笑)



お品書きは、食材だけが書かれていて

どんなお料理かは出てきてからのお楽しみ

f:id:siro-mf:20200627113454j:plain

こんな手法も初めてで

さらにわくわく。



まずアミューズは「チーズ」「美雪鱒」


こんな感じ。

f:id:siro-mf:20200627113544j:plain


うまーい。


もう二口で終わっちゃったけど(笑)

口の中が幸福に満ちている。



次は「トウモロコシ」

は、ポタージュのスープ。


これにも日本酒「姫の井」もりあお

f:id:siro-mf:20200627113654j:plain


スープと日本酒を一緒に飲むなんて

これまた初めてだわ


でも、不思議と合ってる。


すごいな。




続いては「胡瓜」

何が出てくるのかな~と思いきや

f:id:siro-mf:20200627113740j:plain


なんとパスタ~


胡瓜を練りこんだパスタと
細長く麺状にスライスした胡瓜

貝(名前聞いたけど忘れた)も美味しい。


合わせる日本酒は夏らしい「仙禽」カブトムシ。

f:id:siro-mf:20200627124137j:plain

これは栃木県のお酒。


ほんとにお料理とお酒がマッチしている。


フレンチと日本酒ってこんなになれるんだなー


すごいなー


美味しいものを作り出せる人って
ほんとに尊敬する。。。



なんて感動しているうちに



前菜の「新玉葱」

f:id:siro-mf:20200627114333j:plain

こんなんなっちゃったー


白いもこもこしてるのが新玉葱。


ジュレ状のソースもうまし。


これには、「越の鶴」純米大吟醸を。


あー。幸せってこういうことよね。



ここでパンも登場。

f:id:siro-mf:20200627114357j:plain

地元の米粉で作ったパン。

焼き立てほくほく。


このパンを最終的に3つも食べることになることを

この時の私はまだ知る由もない。。。



次の「頬肉」の前菜に入る前に

若旦那が持ってきた日本酒は
「酒匠厳選 長期熟成酒」

f:id:siro-mf:20200627114424j:plain

いわゆる古酒ってやつで
私はちょっと苦手とするところのお酒。


苦手な方もいらっしゃるので
ダメなようでしたら他のお酒をお持ちしますね。
にこ。


っとイケメン若旦那に微笑まれ


実は古酒はちょっと苦手なんです。


なんて言っていたけど。。。


なんのなんの、お料理とのマリアージュですよ。

f:id:siro-mf:20200627114529j:plain

この濃厚なソースとベストマッチ。


いや~、古酒の概念変わるわ~


なんて感動しているところに
若旦那が別のお酒を持ってきてくれた


「松乃井」純米吟醸 袋しぼり

f:id:siro-mf:20200627114606j:plain


古酒はダメでしたか?
ちょっと玄人向きですからねー 
ふふ。



いえいえ
今まで苦手だったんですが
これは全然美味しいです。

ホントにお料理に合っていて
素晴らしいですね



あ、そうでしたか。
良かったです。
にこ。



あ、でも、これも飲みます。



ふふふ。



なんて若旦那とやりとりしながら
すっきりとした袋しぼりもゴクゴク。。。


あー、これはこれで、また。(笑)




さてお次はお魚料理。


「??」(漢字で出てるかな?アラです。)

f:id:siro-mf:20200627114944j:plain


先ほどの頬肉の濃厚さとは打って変わって
お出汁のソースが繊細で美味しすぎる。


ここで登場した日本酒は「石鎚」槽しぼり。

f:id:siro-mf:20200627115054j:plain


やや、これは懐かしの
愛媛県の日本酒じゃないですか。


ある意味いろんな思い出がよみがえるね。。。


しかし
この日本酒は確かに美味しいけど
飲んだことがある。


てか、よく飲んでた。


とは言え
この辺りだと貴重なお酒になるんだろうね。


でも
フレンチに合せた事はないよ、当然ね。


こんな繊細なお出汁のフレンチに合うんですねー


ほんとにすごいなぁーーーー



興奮と感動で夢の中。


旦那様は酔いも回って、だいぶ顔が赤い


ホントの夢の中へいざなわれるときも近し。。。
って感じ


お願いだから最後までちゃんと起きててね。。。



お肉料理は「妻有ポーク 越の紅」


一瞬、紅の豚 に見えるよね~


なんておバカな会話をする夫婦の元に運ばれてきたのは


而今純米吟醸 雄町 火入

f:id:siro-mf:20200627115326j:plain


どどぉーーーーん。


これですよ、これ。


大好きだけど、なかなか飲めませんよ、これは。


実はチェックインの際に、


夕食の日本酒は、県内産のみか日本全国含むのとから選べますけど

どうされますか??



と若女将から聞かれていて



ちなみに日本全国だと、どんなお酒が出てくるんですか???



なんて聞いたら



そうですね~

私の大好きな「而今」とか。うふ。



ってかわいく微笑む若女将。



而今!!?

じゃ、日本全国バージョンで!



って即決。



て程に、而今は好きなのに
なかなかお目にはかかれない。




いや~ん。幸せねー。



お料理出てくる前からゴクゴク。。。



メインのポークはきめ細かいしっとりした肉質。

f:id:siro-mf:20200627115418j:plain


上品かつしっかりした雄町の而今によく合うわ~


ごくごくごく。


てか、お野菜も全部美味しいよね~


ごくごくごく。



なんて、勢いよく飲んでたら



おかわりもお持ちしますので
たくさん飲んでくださいね。
ふふ。



と、若旦那。




え、そうなの??

おかわりなんてしてくれるの??


追加料金かかるのかしら・・・


いや。もういいや。


そんな野暮なことはこの際気にしなーい!
(いや、あんたただのグータラ専業主婦だから)



ごくごくー



ふふふ。おかわりおつぎしますね。



待ってました、若旦那!



ありがとうございま~す。


はー。堪能。



フレンチ×日本酒を満喫。。。



はぁ。そして夢は儚く終わってゆくのね。。。。



さみしい。。。



旦那様はすでに夢の中だし。


ちょっとちょっとーー

まだデザートがきまっせーーー


声をかけたくらいでは目を覚ますはずもない



はぁ、、またこうなるよね。



仕方ないので



テーブルの下からバシバシ足でどついて起こす
(なんてことを)



デザートは「甘夏」と「メロン」


二種類のデザートがやってきた。


「甘夏」は写真を撮り忘れたよ。


「メロン」はこんな感じ。

f:id:siro-mf:20200627115508j:plain


メロンがムース状になってる。


真ん中のアイスクリームがめちゃおいしい(笑)



あー。


ついに終わった。。。。


終わってしまった。


あんなに楽しみにしてたのに、もう一瞬ね。


楽しいときは一瞬で過ぎ去るよね。


あー


幸せはなんて儚いのでしょう。



でもこの余韻にひたりつつ

残りの時間を楽しもうじゃないか。。。



そう。


私にはまだ温泉と朝食がまっているじゃないかー


もう朝ごはんに思いを馳せ


お部屋に戻って行きましたとさ。